記事詳細

【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】「第三者」が本気で相撲界を改革できるのか? 国技を運営する者は「新しさ」に敏感でないとナ (1/2ページ)

 あれだけ話題になった相撲界だからね、テレビで「初場所」見てしまったぜぇい! なンか起きるンじゃないかと好奇な目で見ていたが、ホントに起きるとは…。

 セクハラ行為で出場停止処分となった立行司、式守伊之助に代わり大相撲初場所の結びを裁く三役格の式守勘太夫が初日の結び前、稀勢の里と貴景勝の一番を差し違えてしまったのだ。

 物言いがつき、貴景勝の勝ちとなったが初日の注目勝負のひとつだっただけにイチバン目立ってしまったよな。「こっりゃあ、切腹もンじゃ!!」と昔からの年配ファンなら思ったかもな。

 立行司がナゼ「帯刀」が許されているか。奉納相撲なので、行司は差し違えたら切腹しなければならないという心構えで勝負を裁かなければならないからだ。

 では、これまで差し違えて腹を切ったことがあったのか。記録はないが自殺を思いたった者はいたらしい。もちろん事なきを得てきたが、今や映像でこと細かく勝負を分析できるのでごまかしがきかない分、精神的な重圧は昔よりも大きいのかもしれンなぁ。

 国技の大変さは、伝統としきたりを守りながらどう新しくしていくかだ。国技を運営する者は「新しさ」に敏感でないとナ。だからって勢いだけで新しくはなれない。マゲを結わず角刈りというワケにもいかんし。理不尽にキビシーと思うのは、髪が薄くなりマゲを結えない者は実力カンケーなく、引退しなきゃならンということ。伝統ってどこか理不尽かも。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう