記事詳細

TBS新人の山本里菜アナ 田中みな実と別路線で売り出し方模索 (2/2ページ)

 「視聴率が惨敗しているので、夏頃までの成果によって番組が続くかどうかの判断がなされる状況です。

 番組の低迷は夏目よりも制作陣の問題ですが、これから春にかけて、テコ入れの新コーナーを任されたり、ピンチヒッターを務める女子アナが出てくるはず。いいアピールの場になるし、そこで評価が高ければ、新番組で起用されるかもしれない」(同前)

 ※週刊ポスト2018年2月2日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース