記事詳細

【大人のエンタメ】中国出身の新人歌手が“アジアの歌姫”歌い継ぐ 「テレサ・テン名曲演奏会」開催

★大人のエンタメ

 「アジアの歌姫」として日本でも人気を集めた台湾出身の歌手、テレサ・テン(享年42)。その恩師で作曲家・音楽プロデューサーの左宏元氏(88)が「次世代のテレサ・テン」と期待を寄せるのが中国出身の新人歌手、周倩(30)だ。27日に東京・かつしかシンフォニーヒルズで「テレサ・テン名曲演唱会」を開催するのを前に、夕刊フジの取材に応じた。

 「日本でのコンサートは初めてなので、とても興奮しています。テレサ・テンさんのように幸せを届けられる歌手を目指したいです」とほほ笑む周は、2年前に左氏の門戸をたたき弟子入り。師匠とともにテレサ・テンの名曲を歌い継ぐコンサートに取り組んでいる。

 特にお気に入りは「時の流れに身をまかせ」で、「メロディーも歌詞も感動的で大好きな曲です」。4月に中国や台湾などで初のアルバムCDをリリースする予定だ。

 左氏も「テレサ・テンは天使のように優しい性格で、厳しい稽古や困難なことがあっても、しっかりとすべてを受け止めていた。もう一度、彼女のような女性歌手を育て上げることが私のいきがいだよ」と熱が入る。

 “21世紀のテレサ・テン”は飛躍できるか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース