記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】スパコン詐欺、伊之助セクハラ…とばっちり続きの「プロフェッショナル仕事の流儀」 三津谷さんにオハライ頼む?

 ウッチャンこと内村光良がNHKのコント番組『LIFE! ~人生に捧げるコント』で演じているキャラクター「三津谷寛治」。

 NHK勤続40年のゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター兼LIFE!スーパーアドバイザーという肩書で、先日の『紅白歌合戦』にも登場。「NHKなんで」を連発し、その“堅苦しさ”が全国津々浦々に知れ渡った。

 そんな“偉い様”の三津谷さんにでも頼んで、オハライを受けてもらったほうがいいんじゃないかな、NHKなんで。

 というのも、看板番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』がヤバいことになっている。暮れから新年にかけ、立て続けにモンダイ発覚の嵐が吹き荒れているのだ。

 まずは昨年12月11日。スーパーコンピューター開発者(ベンチャー会社社長)を特集する予定だったが、その当人がオンエア直前の5日、国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」から助成金をだまし取ったとされる事件で、詐欺容疑で東京地検特捜部に逮捕されてしまった。NHKは4月に放送した「独り、山の王者に挑む 猟師・久保俊治」をアンコール放送し、急場をしのいだ。

 続いて、元横綱日馬富士による暴行事件が発覚する直前の昨年11月6日に放送された「大相撲裏方スペシャル」。高まる相撲人気の中、立呼出し・拓郎、特等床山・床蜂、立行司・40代式守伊之助を取り上げた好番組だったが、年が明けた1月5日、よりによってその立行司によるセクハラ事件が発覚した。

 とばっちりは昨年9月11日に放送された「55歳 覚悟の挑戦、ノーベル賞の先へ 研究者・山中伸弥」。1月22日、iPS細胞研究所の助教の発表論文に不正があったとして山中所長が謝罪会見した。こうなると『プロフェッショナル』自体のオハライが絶対必要だ。(新橋のネクタイ巻き)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース