記事詳細

SKE日高が催眠術でキャラ崩壊!大好きなイチゴに「ブツブツ気持ち悪いんだけど」とブチギレ

 29日深夜放送の「SKE48むすびのイチバン!」(東海テレビ)で、昨年11月に行われた「第1回SKE48ユニット対抗戦」で優勝を飾った「STRAWBERRY PUNCH」のみこってぃ(内山命、22)とゆづづ(日高優月、19)が出演。2人のキャラを固めるための育成企画が実施され、催眠術を掛けられたゆづづが予想外の行動を取って番組を盛り上げた。

 「イチゴ大好き」キャラの2人の前に催眠術団体「催眠塾」代表の大岩洋二塾長が現れ、ゆづづに催眠術を掛けると、握った手が固まる、声が出ないなどの現象が起きた。「名前を忘れる術」を掛けられたゆづづは、名前を聞かれ「分かんない」と素直に答えた。「なんでも好きな名前を入れられる」という塾長の言葉に番組MCの平成ノブシコブシ・吉村崇(37)が悪ノリして「大俵クソ左衛門」とネーミングすると、ゆづづは自分を「クソ左衛門」と名乗るようになった。

 ここで、大好きなイチゴの存在を忘れる術を掛けられたゆづづ。吉村の「イチゴを見たら、腹立ってしようがないことにしましょう」という提案も加わり、みこってぃから「あーん」とイチゴを差し出されたゆづづは「いやいやいや。ブツブツ気持ち悪いんだけど」と怒りをあらわにした。吉村が「着けているんだよ、耳とかに」とイチゴ型のイヤリングを指摘すると、ゆづづは「え!?」と戸惑いながらイヤリングを床にほうり投げた。

 さらに吉村の悪のノリはエスカレートし、「ゴリラとかにできたりするんですか?」。塾長が「あなたは野生のゴリラ。目を覚ましたら暴れまわってしまう」と術を掛けると、ゆづづは目の前に置かれたバナナをもぎ取って豪快に食べ始めた。しかし正気に戻ると、「これは違うわ」とぶっちゃけ。さすがにゴリラになることは不可能だったと明かし、番組を盛り上げた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース