記事詳細

元スマ「決戦の春」地上波レギュラー終了もネットで新番組開始 木村、香取には新たな展開? (1/2ページ)

 元SMAPの3人にとって、この春は「勝負の春」となりそうだ。地上波のレギュラー番組が3月いっぱいで終了することが明らかになると、インターネットテレビでのレギュラー番組開始を発表する電光石火の早業で存在をアピール。古巣のジャニーズ事務所が1月31日、所属タレントの写真のネット掲載を認めるなど攻勢を強める中、負けられない戦いが続く。

 昨年9月に事務所を退社した元SMAPの香取慎吾(41)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)にとって、この春は激動の春だ。

 香取のレギュラーだった「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)が3月いっぱいで終了すると発表されただけでなく、草なぎの「ぷっすま」(テレビ朝日系)も終了すると報じられた。

 「どちらも、どこかにSMAPを思わせる番組タイトルだっただけに、いずれは終了するとささやかれていました。テレビ各局はこの半年間を猶予期間とみていたようで、ここに来て動きが出てきたということでしょう」と放送関係者はみる。

 しかし、3人は転んでもただでは起きない。1月30日から香取の誕生日である31日未明にかけてインターネットテレビ局「AbemaTV」の生放送に出演し、4月から同局で新たなレギュラー番組をスタートさせることを発表したのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース