記事詳細

NHK有働アナ派と青山アナ派で分かれる「育休バトル」 (1/2ページ)

 「おれの子供を産んでくれ」。出会った瞬間に一目惚れ、そうプロポーズして夫婦になった深田恭子(35才)と松山ケンイチ(32才)が不妊治療と向き合うドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)。東京・世田谷区のオシャレな集合住宅・コーポラティブハウスに住む4世帯の抱える問題が少しずつ垣間見えてきた第2話(1月25日放送)で、壮絶な女のバトルが繰り広げられた。

 「子供を産んでこそ一人前」「女の幸せ」と、子づくりを勧める主婦に噛みついたのは、「子供を産まない」選択をして婚約者と同居生活を送る高橋メアリージュン(30才)演じるネイリストだった。

 「子供つくんないとなにかマズいんですか!?」「産休をとる女性社員の穴は男性社員や独身者、子供のいない既婚者が埋めている。他人の尻ぬぐいまでしてるんだから文句を言われる筋合いはないと思いますけど!」とブチ切れ。

 主婦も負けじと目尻をつり上げ、「出産して子育てする女性が産休制度を利用するのは当たり前の権利でしょ! あなたもいずれは子を持つのだからお互い様」と応戦。すると、「自分の物差しだけで他人をはかるな!」と怒鳴る--。

 女の本音丸出しの舌戦が繰り広げられたが、この闘いが意外なところに飛び火した。

 「育休バトルの話になると名前があがるのは、NHKの有働由美子アナ(48才)と青山祐子アナ(45才)。2人の仲が悪いわけではないのはわかっているんですが、この話題になると女性は有働派、青山派に分かれますね」(あるテレビ局の女性社員)

 元日に有働アナの『あさイチ』の降板が報じられるのと時期を同じくして青山アナの“6年育休”が話題になった。

 青山アナは2011年に結婚し2012年に第1子出産のため産休に入ると、第2子、第3子と続き2017年2月に第4子を出産。今も育休中で、その期間は連続で6年目に入った。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース