記事詳細

レツゴー長作さんが死去 74歳、肺がんで

 漫才トリオ、レツゴー三匹のメンバーとして全国的な人気を博し、俳優や歌手としても活躍したレツゴー長作(ちょうさく、本名・永原誠=ながはら・まこと)さんが1日午後8時35分、肺がんのため大阪市内の病院で死去した。74歳だった。葬儀・告別式は3日に執り行われた。

 「じゅんで~す!」「長作で~す!」「三波春夫でございます!!」。得意のつかみで人気を博したレツゴー三匹の長作さん。所属事務所によると、2016年3月末に肺がんのため入院。入退院を繰り返しながら抗がん剤、放射線治療を続けた。昨年2月には出演予定の舞台を休演。12月から緩和ケアに入り、最期は家族に看取られた。

 岡山県出身。64年に松竹新喜劇に入り、同年11月に初舞台を踏んだ。その後、タイヘイトリオ門下生となり、69年10月に、レツゴー正児(77)、14年に68歳で死去したじゅんさんとレツゴー三匹を結成、人気を博した。

 歌手「人長作(じん・ちょうさく)」としても活躍。俳優としてはNHK連続テレビ小説「あすか」(99年)などに出演した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう