記事詳細

【冬ドラマ 注目の美女たち】波瑠のドSキャラは見事! 忖度のない真っすぐな魅力がコメディー「もみ消して冬」で花開いた (1/2ページ)

★(4)

 日本テレビ系『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(土曜午後10時)で、「美」と「知」を兼ね備えた敏腕弁護士、北沢知晶を演じている波瑠(26)。

 家族内で起きた不祥事を全力でもみ消すホームコメディーで、波瑠は全員東大卒のエリート3きょうだいで最強キャラ。一番弱い立場の末っ子、山田涼介にズバズバとキツイ言葉を投げつけたり、振り回したりする「ドS」ぶりを見事に発揮している。

 「こういう波瑠が見たかった」と歓喜する視聴者も多いだろう。

 透明感ある白い肌に大きな目。その目の強さには直視されると逃れられない迫力と魅力がある。共演者がドラマや映画で、演技でなく、本当に照れているように見える場面が何度もあるのも、波瑠の真っすぐで純粋な目のせいだろう。

 そこには、波瑠自身の正義感、どうにも「もみ消せない」気丈さがあると思う。

 昨年のドラマ『あなたのことはそれほど』ではズルズルとW不倫にハマる主婦、美都を演じ、ネット上では「なんでこんな役、引き受けたんだ」とバッシングが続出。普通ならスルーするところだが、波瑠は正面から受け止め、自身のブログで「応戦」する。

 「私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない」「こういう内容の作品ですからね。しょうもないとか馬鹿とか最低とか言われても、観て感想を抱いてもらうっていうことで私は報われるような気持ちです」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース