記事詳細

【冬ドラマ 注目の美女たち】物語に深み与える「派手S系薄幸女優」木村文乃 「99・9-刑事専門弁護士-SEASON II」 (2/2ページ)

 どの作品も浮かぶのは木村の悲しく気丈な顔。木村が出るだけで「何か起こりそう」、あるいは「過去に何かありそう」な気がしてしまう。

 一般に薄幸女優というと、木村多江や西田尚美など、涼しげな和風美人が多い中、木村は派手でバタ臭い顔立ちで、気が強そうでSっぽい「派手S系薄幸女優」という貴重な人材。

 クラスなら騒がしい女子たちとは群れずに一人で本を読んでいそう。そういう「気が強い陰キャラ美女」って実は一番気になってしまうものだ。そして、陰キャラ美女がたまに無防備に見せる笑顔の愛らしさは、値千金だ。

 『99・9』でもたまに発する素っ頓狂な声や、「腹話術部」の過去を語る恥ずかしそうな表情のかわいさに、心をつかまれた視聴者も多いはず。

 陰キャラ美女が打ち解けていく「変化」も、楽しみのひとつだ。(ドラマ評論家・田幸和歌子)=おわり

 ■99・9-刑事専門弁護士-SEASON II TBS系日曜午後9時。シーズンIの期間平均視聴率は17・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。宇田学のオリジナル脚本。主題歌は嵐の「Find The Answer」。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース