記事詳細

オファー続々、有働アナの去就再び注目 NHKから独立か? 局長級への昇進も (2/2ページ)

 「『好きな女性アナウンサーランキング』で2位になった好感度の高さは捨てがたい。実際、TBSなどはかなり食指を伸ばしていたようです。退職者が多い上、人気アナに仕事が集中しすぎるため、働き方改革を進めるためにも、外部の人気アナに関心をもっているようです」と続ける。

 一方、こんな指摘をする声もある。

 「有働アナの降板を発表した際、NHKが『新しいステージに挑戦してもらいたい』とコメントしていることが、さらなる憶測を呼んでいるのです。“新しいステージ”という言葉をどう読み解くかですね」と先の週刊誌記者。

 しかし、実質はかなり現実的な話のようだ。

 「週刊誌などで独立話が書かれるたびに、困惑しているそうです。かねて有働アナには昇進の話が出ていましたが、ここにきて局長級の役職になるとも言われています。昨年もそういう話がありましたが、時期尚早ということで、1期上の男性アナが昇進しました。なので、舞台は整っています」とマスコミ関係者は見通す。

 何をするにせよ、話題を振りまく人だ。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース