記事詳細

鷲見玲奈、杉浦友紀、水卜麻美…女性アナが揺れる“巨乳五輪” 現地は極寒ブルブルでもリポーターは… (1/2ページ)

 開会式からトラブルが相次いで、先行き不安な平昌冬季五輪だが、現地からリポートを伝えるテレビ各局の女性アナの揺れる巨乳ぶりに、テレビの前は騒然としている。

 10日にテレビ東京で放送された「追跡LIVE! SPORTSウォッチャー」では、同局の鷲見玲奈アナ(27)がその巨乳で視聴者をノックアウト。この日行われたスピードスケート女子3000メートルの会場からリポートした鷲見アナだがなんとぴったりフィットのニット衣装でFカップといわれる巨乳をみせつけて、男性視聴者の目をくぎ付けにしたのだ。

 巨乳といえば、忘れてはいけないのはNHKの杉浦友紀アナ(34)だ。3日の「サタデースポーツ」で平昌の五輪会場にあるVRボブスレーに挑戦したが、こちらもぴったりニットを着用。Hカップともいわれる爆乳をしっかりと揺らす姿がばっちり放送された。

 「まるで狙ったかのような斜め下からのアングルでした。上に下に揺れるバストはまさに金メダル級でしたよ」とアイドル誌編集者は興奮気味に話す。ネット上では動画も出回っているほどだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース