記事詳細

【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】「政治介入」…すごくお寒い平昌五輪 “南北統一”うたうなら一番強い競技を「合同」に (1/2ページ)

 平昌オリンピックで日々熱戦が繰り広げられているが、世界的大寒波に襲われながらだから、記録を出すのも相当に大変だろう。

 オイラは寒いの苦手なモンで冬季オリンピックはあまり見ないンだが、今回は高度な「政治介入」オリンピックだからね。何かあるンではないかとみているが、北の美女軍団の同行ばかり追ってる映像は何だありゃ。

 あまり注目されていない競技をテコ入れするため、韓国は北朝鮮と合同でチーム強化をはかったが、本当に“南北統一”をうたうならイチバン強い競技を「合同」にするべきではないのかと思っちまったぜ。

 今やオリンピックとはいえど、政治介入せざる時代なのか。だが、考えてみりゃ、今までもオリンピックは政治介入されてるからな。

 面白いテレビ番組を見た。あらゆることの「想定外」を特集してたンだが、イチバン面白かったのは1964年の「東京オリンピック」開催中の想定外エピソードだ。

 開会式はハデだったが競技が始まると国立競技場は観客もまばらで、こりゃ絵ヅラが悪いとばかり各学校に動員をかけたのである。したがって観客席は学生服一色に。

 オイラも16歳のころを思い出してみたがさ、先に競技を見てきた学友にオリンピックの感想を聞いたら、「クソ面白くない」の一言だったので驚いた! つまり外国選手の顔も名前も知らず、実況解説もないから、遠くで行われているルールのわからない競技にあくびしながら拍手してたらしいのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう