記事詳細

二階堂ふみ“乳首解禁”でベルリン映画祭受賞「ヨーロッパ映画のように自然で大胆な脱ぎっぷり」

 世界三大映画祭の一つ第68回ベルリン国際映画祭で23日(日本時間24日)、行定勲監督の「リバーズ・エッジ」(公開中)が国際批評家連盟賞を受賞した。行定監督は2010年にも「パレード」で同賞を受賞しており、日本作品としては14年の坂本あゆみ監督の「FORMA(フォルマ)」以来4年ぶり。

 「リバーズ-」は岡崎京子さんの漫画が原作で、女優の二階堂ふみ(23)が主演。高校生たちのむき出しの欲望や孤独感、寂しさなどを、セックスや暴力シーンを交えて表現した。

 「とくに二階堂が演じた女子高生はラブホテルや屋外での情事など、濃厚な場面があり、形のよい乳首や生尻などフルヌードを解禁して体当たりの演技を見せた。まさにヨーロッパ映画のように自然で大胆な脱ぎっぷりです」(映画ライター)と関係者の評価も高い。

 「リバーズ-」は、特色ある作品を集めたパノラマ部門の開幕作品として上映された。行定監督は「私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた背中を押された気持ちです。岡崎京子さんの描いた世界とそのすごさが世界に認められたことを誇りに思います」とコメントしている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう