記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】日本人をフィギュア好きにした先駆者、ジャネット・リン 競技終了後は極上の“笑顔”で魅了 (2/2ページ)

 日曜の営業時間前に、リンクを貸し切って練習をしているお姉さんがなんとも魅力的で。

 貸し切りだとお金がいくらかかるんだろう?

 これは金持ちのお嬢さまじゃなきゃできないスポーツだな、と子供心に思ったのです。

 日本人をここまでフィギュア好きにした先駆者ともいうべき存在は、間違いなくジャネット・リン様でしょう。

 アジア初の72年冬季札幌オリンピックの女子フィギュアスケートシングル銅メダリスト。

 キャッチフレーズは札幌の恋人、銀盤の妖精。

 われら世代ですと、競技は見ていなくても当時『カルピスまんが劇場』では『ムーミン』が放映中で、CMでリン様の「カルピスウィズスマイル」を見たはず。

 スケーティングそのものに優雅さも感じますが、競技終了後の、極上の“笑顔”に魅せられていたのかもしれません。(永瀬白虎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう