記事詳細

東京五輪へ早くも始まったジャニーズMC戦争 TBSは中居起用でひと悶着、局員「村上の売り込みあった」 (2/2ページ)

 「当初からウチは高視聴率が期待できるのはもちろん、これまでの取材経験や実績、関係性もあり、当然今回の五輪も中居にお願いしようと考えていました。ただ、ジャニーズサイドが難色を示したんです」

 その背景には、2020年の東京五輪があるという。

 「もともとジャニーズタレントのMC業への進出の背景には東京五輪があるわけですが、ジャニーズからすると、いまだに独立説がささやかれている“外様”の中居に代わって、2020年に向けて“ポスト中居”を育てておきたいところ。その有力候補の一人が『関ジャニ∞』の村上信五(36)で、今回の平昌五輪の中継番組についても、村上の強力な売り込みがあったそうです」(同局局員)

 村上といえば、近年はマツコ・デラックス(45)とともにレギュラー出演する日テレ系「月曜から夜ふかし」が人気を集め、昨年にはビートたけし(71)が総合司会を務めるフジテレビ系「27時間テレビ」で番組キャプテンを務めるなど、MC業でも存在感を放っている。

 「バラエティー番組を中心にMCとして活躍し、アイドルながら自虐ネタも披露できる村上はまさに“ポスト中居”にピッタリの存在」

 そう言った上で、前出の同局局員は続ける。

 「今回はウチの意向がとおって何とか中居を起用することができましたが、逆に言えばジャニーズサイドに“借り”を作ったことになる。東京五輪ではどうなることか…」

 果たして、2020年の東京五輪で“TBSの顔”になるのは誰か。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース