記事詳細

第90回アカデミー賞大予想! 主演男優賞はあの人で間違いなし!? 注目の作品賞は… (1/3ページ)

 世界最大の映画の祭典「第90回アカデミー賞」の授賞式が米ロサンゼルスで4日午後(日本時間5日午前)に行われる。作品賞のノミネートは例年並みの9本だが、ゴールデン・グローブ賞で4部門を受賞した「スリー・ビルボード」と、今回13部門でノミネートされた「シェイプ・オブ・ウォーター」が最有力とみられている。夕刊フジで「LA発芸能WATCH」を連載する板垣眞理子氏、「HOLLYWOOD聖林裏表」の産経新聞ロサンゼルス支局長、住井亨介氏、国際映画祭での審査員経験もある映画評論家の小張アキコ氏が予想した。

 まずは個人賞からみていこう。主演男優賞は、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」でチャーチルを演じたゲイリー・オールドマン(59)で一致。その特殊メークも話題を集めている。

 「素晴らしい演技力でチャーチルそのもの」(住井氏)、「長年の輝かしい経歴にもかかわらず、賞とは縁が薄い(2度目の候補)だけに同情票が集まる可能性が」(板垣氏)とみる。

 主演女優賞は、「スリー・ビルボード」のフランシス・マクドーマンド(60)に票が集まる中、小張氏は「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンス(41)に投じた。「フランシスはアカデミー賞の前日に発表されるフィルム・インディペンデント・スピリット賞の主演女優賞に回るのでは」と見通す。

 3人の意見が完全にわかれたのは助演男優賞。「『スリー・ビルボード』で人種差別の悪徳警官を演じたサム・ロックウェル(49)のうまさに脱帽」という板垣氏に対し、住井氏は「圧倒的な存在感。セクハラ疑惑で降板したケビン・スペイシーの代役を完璧にやり遂げた」として、「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」(原題)のクリストファー・プラマー(88)を推す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース