記事詳細

広瀬すず、助演女優賞 日本アカデミー賞、「三度目の殺人」が6冠

 第41回日本アカデミー賞の授賞式が2日、東京都港区のホテルで開かれ、是枝裕和監督の「三度目の殺人」が作品賞や監督賞など最多6部門で最優秀賞を受賞した。

 「三度目の殺人」は弁護士と殺人罪で起訴された被告、被害者の娘が織りなす心理サスペンス。被告役の役所広司は助演男優賞を、被害者の娘役の広瀬すずは助演女優賞を受賞した。この作品は昨年のベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された。

 主演女優賞は「彼女がその名を知らない鳥たち」の蒼井優に、主演男優賞は「あゝ、荒野 前篇」の菅田将暉にそれぞれ贈られた。

 アニメ作品賞は湯浅政明監督の「夜は短し歩けよ乙女」。外国作品賞は、デイミアン・チャゼル監督のミュージカル「ラ・ラ・ランド」が選ばれた。

 他の部門の最優秀賞は以下の通り。(敬称略)

 脚本賞、編集賞=是枝裕和(三度目の殺人)▽音楽賞=鈴木慶一(アウトレイジ 最終章)▽美術賞=倉田智子(花戦さ)▽録音賞=矢野正人(関ケ原)▽撮影賞=柴主高秀(同)▽照明賞=宮西孝明(同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう