記事詳細

【激震 芸能界契約異聞】安室奈美恵、早すぎる引退理由 「しがらみ」リセットが狙い? (1/2ページ)

★(3)

 スーパースターの安室奈美恵(40)がデビューから丸26年となる今年9月16日に引退することを発表した。しかし、早すぎる引退理由が判然としない。

 安室は2015年に独立するも、前事務所が間接的ながら影響力を持つことを不満に思い、引退することでしがらみをリセットするつもりだといわれている。

 昨年11月に発売され、200万枚を突破したベストアルバム『Finally』の収録曲45曲のうち前所属事務所時代の39曲は当時の音源ではなく、歌い直している。

 公正取引委員会が、移籍制限を独占禁止法に抵触する恐れがあると検討に入った背景には、芸能事務所とタレントとのトラブルが多いからだ。

 興味深い判決がある。タレントの小倉優子(34)の移籍をめぐって所属事務所との間で起きた訴訟で11年、東京地裁が、小倉の移籍を認める判決を言い渡したのだ。

 判決では「タレントは労働者なので契約は無効であり、契約に縛られず自由に移籍できる」とした。つまりタレントは会社員と同じ労働者で、会社を辞めるのも移るのも自由だという判断が示されたわけだ。

 さらに判決では、タレントを労働者として認定する理由として、事務所側がタレントを長時間拘束していることも挙げている。つまりは、タレントは長時間労働や残業を強制されることはないということにもなる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース