記事詳細

宮沢りえ&大竹しのぶ、不仲説が流れたことで逆に関係修復 (1/2ページ)

 「ふたりの新居は美しい植栽の日本庭園が広がる和モダンな高級マンションです。娘さんの春休み明けにバタバタしないよう、数か月前には引っ越しを終え、3人で新生活をスタートさせていますよ」(森田剛の知人)

 3月16日に入籍を発表したV6・森田剛(39才)と宮沢りえ(44才)。2016年8月の舞台共演をきっかけに交際を開始し、昨夏にはりえのマンションの別部屋に森田が引っ越し。2月にはファミリー向けの4LDKで同棲を開始していた。

 「前々から“四捨五入して50才になってしまう、45才を迎えるまでに結婚したい”と周囲に話していましたが、彼女の誕生日は4月6日なので、すべり込みセーフ(笑い)。さすがの段取りです。最近はふんわりしたドレス姿が多く、先の仕事の予定もないことから妊娠も噂されていましたが、それは違ったみたいですね。りえさんには前夫との間に8才の娘さんがいますが、森田さんとの仲も良好なようです」(芸能関係者)

 結婚翌々日のCM発表会には、白のボタニカル柄ワンピで登場。報道陣に「おめでとうございます」と声をかけられると、ほんのり顔を赤らめてはにかんだ。

 実は同じ日、りえは“意外な人”からお祝いのメッセージを贈られていた。主演ミュージカルの公開舞台稽古に出席した大竹しのぶ(60才)だ。報道陣からの問いかけに、

 「りえちゃんには“おめでとう”って連絡しました」

 とニッコリ。りえからの返事については、「それはここで言うのは…」と口を濁したものの「よかったと思います」と祝福した。周囲がその言葉に驚いたのは理由がある。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース