記事詳細

【ナンシー小関のXXすぎる顔】女優の代役演じた三谷幸喜 奇策でピンチを“コウキ”に…

 3月19日、新橋演舞場で上演された自身が作・演出を手がけた舞台『江戸は燃えているか』で、体調不良となり休演した主要キャストの松岡茉優に代わり、黒子姿で台本片手に代役を務めた三谷幸喜。女優の代役を三谷が演じるというまさかの事態は大きなニュースとなり、結果的に舞台を宣伝することにも成功。まさにピンチを好機~コウキ~に変えた奇策であった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう