記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】米津玄師、音と言葉の技極めた職人 石原さとみ主演ドラマの主題歌が記録ずくめ (1/2ページ)

 米津玄師の才能が光を放ち始めた。石原さとみ主演の1月期TBS系ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた『Lemon』がいい。

 “レクイエム”をテーマにした『Lemon』のMVは、公開わずか13時間で再生回数100万回を、5日余りで1000万回を超える偉業を成し遂げた。

 MVは教会を舞台にしたややレトロな映像。彼自身がほぼ動かないことや、なぜハイヒールを履いているのかなどを考察するSNSが大きな盛り上がりを見せている。

 先行配信シングルは、3月26日付オリコン週間デジタルシングルランキングで5週連続1位を獲得し、累積DL数は75万回超えと、同ランキングの『連続1位獲得週数』と『累積DL売上記録』も更新。ちなみにランキング2位は星野源の『ドラえもん』で約2万1000回。

 米津はシンガー・ソングライターであり、イラストレーター、ビデオグラファーでもある。しばしば名前を“げんし”と間違えられるが、本当は“けんし”と読む。

 実は彼にはもうひとつ名前がある。“ハチ”だ。2008年にDTM(デスクトップ・ミュージック、パソコンでつくる音楽)を始め、30曲ほどをニコニコ動画に投稿したときの名前がハチ。

 その後、09年にボカロの初音ミクとGUMIを使って、ニコニコ動画にオリジナル曲を投稿し始める。『マトリョシカ』『パンダヒーロー』など再生がミリオンを超えるヒット曲が続出。総再生回数は2000万回を超えている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう