記事詳細

ヒロミが“後輩”TOKIOにエール その言葉にファン「ちゃんと達也さんは観たんだろうか。あなたへのメッセージだよ」 (1/2ページ)

 23日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で、タレントのヒロミ(53)が自身の仕事観を交えながら、4人体制となったTOKIOにエールを送った。

 この日は、TOKIOがゲストにあらゆる質問を投げかける人気企画「生まれて初めて聞かれました」が放送された。

 まず長瀬智也(39)が「結婚を漠然と考えるんですよね」と切り出し、「結婚って何ですか?」と質問した。妻の松本伊代(52)を「ママ」と呼ぶなど、夫婦円満のヒロミは「友達は俺に『ママに優しいですよね』って言うんだけど、こうやって仲よしごっこでもいいからやってると、自然とそう(仲よく)なってく」と指摘。「ママ呼び」こそが夫婦円満の秘訣だと明かし、TOKIOをうならせた。

 以前は大物にタメ口で絡むキャラだったヒロミに対し、松岡昌宏(41)が「一番ビビったのは誰?」と質問。これは対してヒロミは「昔の映像とかで、そういう(大物に大口をたたいていた)自分を見ると、ちょっと怖いもんね。なんでタモさんのことを『おい、タモリ』とか言ってたんだろうって(笑)」と苦笑いしながら「昔の自分に一番ビビる」と告白し、スタジオの笑いを誘った。

 「僕のターニングポイントに必ずヒロミさんがいる」という国分太一(43)は、「ターニングポイントはどこ?」と聞いた。ヒロミはまず「(芸能界の仕事は)頭を下げてやるもんじゃないと思ってたの。『どうかヒロミを使ってください』とか営業とかはしなくていいし、マネジャーさんにもそんなことさせたくないと思ってたの」と独自の仕事観を説明。芸能界を離れる直前に「『なんか違うな』っていう感じをちょっと感じてた」と述べ、「それを感じたら、君たちは引いたほうがいい」とTOKIOへアドバイスを送った。

 さらに「デビューしてから初めて、1週間のテレビ欄から自分の名前がなくなったとき、それが不安というより『次、何やろうかな』とか楽しみになって」と話し、芸能界から離れていたころ、意外と前向きだったことも告白。そのうえで「よく『芸能人しかやってないから(辞めたら)生きれないよ』って言われるけど、絶対に生きれるから」と強調した。そして「落ちぶれたかどうかは人が決めることじゃない。自分が落ちぶれたと思わないで、ちゃんと生きていれば全然アリ」と語った。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース