記事詳細

衝撃の問題作!コミック「幸色のワンルーム」を山田杏奈主演で連ドラ化!人気の若手女優が「人間の限界」に挑む! (1/3ページ)

 若手女優、山田杏奈(17)の主演で話題の人気コミック「幸色のワンルーム」(テレビ朝日・ABCテレビ系)が連続ドラマ化されることが28日、わかった。今作がドラマ初主演の山田は「“人間の限界”に挑戦して頑張っています」とコメント。ドラマは7月7日の深夜2時半から放送がスタートする(近畿地区は8日午後11時35分~)。

 同作ははくり原作のコミックで、現在も「ガンガンpixiv」(スクウェア・エニックス)で連載中だ。物語は、両親から虐待を受け、同級生からはいじめられ、行き場を失った14歳の少女がある日、マスク姿の男に“誘拐”されるところから始まる。しかし、それは少女にとって、生まれて初めて「幸せ」を知っていく生活の始まりだった。

 誘拐犯の「お兄さん」と「幸」と名付けられた被害者である少女。2人の歪な関係を描く衝撃的な内容から、発表後、瞬く間に話題となり、WEBの累計閲覧数は2億8000万を突破した。ドラマは原作の世界観を忠実に再現。さらにコミックでは描かれていないオリジナルストーリーも織り交ぜ、衝撃のラストへと向かっていくという。

 少女の幸を山田が演じる。今年公開された映画「ミスミソウ」で主演し、ドラマやCMにひっぱりだこの彼女だが、今作がドラマ初主演。また相手役の「お兄さん」を演じるのは、「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレ朝)や「ハケンのキャバ嬢・彩華」(ABCテレビ)などに出演し、ドラマ・映画で活躍する上杉柊平(26)。今まで一度も染めたことがなかったという黒髪を染め上げ、「お兄さん」を完全再現する。

 幸の人生を狂わせ、2人の生活に大きな影響を与える“クセの強い”登場人物には、木下ほうか(54)、雛形あきこ(40)、戸塚純貴(25)、わたなべ麻衣(28)らの個性派、実力派がキャスティングされた。さらにアイドルグループ「=LOVE」の齊藤なぎさ(14)と佐々木舞香(18)がドラマ初出演する。

■山田杏奈コメント

<今回の話を初めて聞いたときはどう思われましたか>

 「マネージャーさんと一緒にご飯を食べているときに急に言われました(笑)。すごくびっくりしましたし、ドラマでの主演が初めてということもあって『私で良いのかな…』とも思ったんですけど、でもとても嬉しかったです」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース