記事詳細

NEWS小山が生放送で謝罪 活動自粛を発表「自分をしっかりと見つめなおす時間にしたい」 (1/2ページ)

 未成年の女性と飲酒していたと一部週刊誌で報じられたNEWSの小山慶一郎(34)が7日、自身がキャスターを務める「news every.」(日本テレビ系)に出演。番組冒頭で女性との飲酒を認めたうえで視聴者に謝罪し、当面の番組出演を見送り、活動も自粛すると述べた。

 生放送開始直後、藤井貴彦アナウンサー(46)が「番組の冒頭ですが、ここで小山キャスターから一部の週刊誌報道について視聴者の皆さまにご説明をさせていただきます」と切り出すと、黒いスーツに黒いネクタイ姿の小山が画面に映し出された。

 深く頭を下げた小山はまず「今日発売の一部週刊誌で私が未成年の女性と飲酒していたとする記事が掲載されました。そして指摘された飲食の場に当時19歳の女性が参加していたことがわかりました。私はこの女性から年齢を二十歳と告げられていたため、未成年者であるとは知りませんでした。しかし、結果として未成年者がいる飲み会の席に参加し、飲むことをあおるような声をかけてしまいました。こうした振る舞いは報道番組としてさまざまなニュースをお伝えし、ときには厳しい意見も述べてきた『news every.』のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。本当に申し訳ありませんでした」とコメント。さらに「そこで私は『news every.』の出演を当面お休みさせていただき、その期間、活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめなおす時間にしたいと考えています。この度は本当に申し訳ありませんでした」と言葉をつなげ、あらためて視聴者に謝罪した。

 横にいた藤井アナは神妙な面持ちで「今回の件で本人はこれからいくつも後悔を抱えながら反省の日々を過ごすことになると思います」と指摘。そのうえで「同じ番組で仕事をする仲間ですから、背中を押すような言葉をかけてあげたい気持ちもありました。しかしこのようにテレビで皆さまからのご批判を正面から受け止め、反省することが今、もっとも大切だと理解している本人には無意味な優しさなどはかえって不要なものだと感じています。隣にいるのに今、言うことではないと思いますけども、しっかりと反省をして自分を見つめなおしてほしいと思います。そしてその先に見違えるほどの変化や成長を見せてもらいたい。それが私と私たちの切なる願いです」と強調した。小山は目に涙を浮かべながらその言葉を受け止め、途中何度も頭を下げた。番組はそのままCMに入った。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース