記事詳細

総選挙2位・須田亜香里が1位・松井珠理奈と語り合ったこと (1/4ページ)

 6月16日に開票された「第10回AKB48世界選抜総選挙」で2位と大躍進したSKE48・須田亜香里(26)。zakzak編集部はそんな彼女を直撃し、開票イベントでの心境や2位になったことで変わったこと、そして後輩たちに伝えたいこと…などについて話を聞いた。須田が総選挙1位の松井珠理奈(21)と語ったこととは?

<今年の選抜総選挙で大躍進!2位になって、見えてくる景色は変わりましたか?>

 「自分自身が何も変わっていないので(景色は変わらないです)。まだ(総選挙から)あまり日がたっていないですが、1日1日を必死に結果を受け入れていこうというのだけで精いっぱいです」

<4位でNGT48・荻野由佳さんの名前が呼ばれ、前回よりも実質的にワンラックアップが確定。3位のとき、『次に呼ばれるのは私かな』と正直思った?>

 「そうですね、呼ばれてもおかしくないし、全然イヤではなかったです。準備は当然していました(笑)」

<そこで「HKT48…」とアナウンスされた瞬間、正直どう思いました?>

 「もうびっくり仰天です。3位が発表され、(SKE48メンバーの1、2位が確定した瞬間、SKE48の)みんながこっちを向いて喜んでくれたのが本当にうれしかったです。今回の総選挙で一番それがうれしかった。『SKEでやってきてよかったなぁ』って。メンバーにもこうして結果を喜んでもらえる人になったんだなっていうのが本当にうれしかったです」

<翌日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で「正直悔しい思いもあった」と話していましたが…>

 「はい(笑)。それは当然ありました。(司会の徳光和夫アナが)『SKE48、チーム…S』って言ってくれないかなって思ってました(笑)」

<6位から2位になった今回の結果について、ご本人としてはこれは“成長”というふうにとらえているのですか?>

 「成長という言葉はふさわしくないのかな。成長したから順位が上がるというものではありませんし。人らしさだったりとか、自分なりのやりかたをこの1年で貫かせてもらったという、その結果だというふうに思っています。いいところも悪いところもしっかりファンの方々だけでなく色んな方々に見せることができた、その結果だと。『人間らしさが伝わったかな』と思っています。

 アイドルって、どんな子かどうかってなかなかわかってもらえないじゃないですか?だからその『どんな子なんだろう?』っていう疑問がバラエティー番組などに出ることによって伝わったのかなって」

関連ニュース