記事詳細

NEWS・増田座長が舞台で魅せる歌唱力 (1/2ページ)

 東京都新宿区の東京グローブ座で上演中の舞台「Only You~ぼくらのROMEO&JULIET」(8月4日まで)。アイドルグループNEWSの増田貴久(32)が座長を務める4年ぶりの主演舞台だ。

 最初に企画を聞いたとき、増田は「どういうことですかと言いましたね」と振り返る。ジャニーズ事務所に所属する、あるいは所属したアイドルのヒット曲が12曲も使われているからだ。

 増田が演じる大学生、門田が所属するミュージカル研究会。自主公演の客足の鈍さとメンバーの減少などを理由に大学から公認取り消しをちらつかされている。

 演劇系サークルを統括する、シェークスピア好きの教授に取り入ろうとシェークスピア作品のミュージカル化を提案。教授から「ロミオとジュリエット」を指定された。

 問題は音楽だ。女優の二宮芽生(26)演じる里依はジャニーズ楽曲を使おうと思いつく。それを聞いた増田のせりふ「ジャニーズの歌、歌いたくないよ」は、狙い通り笑いを誘う。

 楽曲はフォーリーブスの「ブルドッグ」、SMAPの「Top Of The World」、少年隊の「仮面舞踏会」、田原俊彦の「ハッとして!Good」、近藤真彦の「愚か者」など。見事にピタリと収まる。

 これらを吹き込んだCDを聞いた増田は「イントロの勢いがすごい。強ぇーな、このアルバム! という感じ」と楽曲のパワーを絶賛した。

関連ニュース