記事詳細

“山P”の名付け親は誰!? 山下智久が滝沢秀明とジャニーズJr.時代の思い出披露 ファン「黄金期のエピソードきた!」 (1/2ページ)

 26日に放送された「VS嵐 夏休み3時間スペシャル」(フジテレビ系)に山下智久(33)とKEN☆Tackeyがゲスト出演。山下がジャニーズJr.時代の滝沢秀明(36)とのエピソードを披露し、番組を盛り上げた。

 この日の山下は嵐チームと対戦すべく、「劇場版コードブルー-ドクターヘリ緊急救命-」チームの一員として番組に参加。一方の滝沢は、嵐チームの「プラスワンゲスト」として参加した。

 天の声から「山下くんは滝沢くんと深い関わりがあるんですよね」という話題を振られると、山下は「僕が小学生のときに滝沢くんが主演ドラマをやられてて。それを見て『僕もジャニーズに入りたいな』って(思う)キッカケをくださった」とコメント。滝沢が13歳で初主演したドラマ「木曜の怪談」(同局)が事務所に入るキッカケになったことを明言した。また今ではファン以外にも浸透している“ヤマピー”という愛称の名付け親についても言及。「Jr.に入ってから、あだ名を付けてくれたのも滝沢くんです」と明かした。

 芸能界に入るキッカケをくれたうえ、親しみやすいあだ名までも付けてくれた先輩に対し「足を向けて寝れません!」と敬意を表す山下。さらに「ツアーとかでJr.でいろんなところを回らせてもらってたんですけど、僕が靴下を2足くらいしか持っていかなくて。『2足じゃ足りないんじゃないか』って、タッキーが靴下の洗い方を教えてくれたっていう(笑)。『摩擦が大事だぞ』って」という思い出話をうれしそうに話した。

 これに相葉雅紀(35)が「タッキーお金持ちなんだから、(後輩の山下に靴下を)買ってあげないと!」とツッコんだが、滝沢は「まだ俺も中学生とかだったから」と苦笑い。しかしその年齢でしっかりと後輩の面倒を見ていたことに触れ、相葉も納得の表情を見せていた。

関連ニュース