記事詳細

米国留学のHey!Say!岡本が本音激白 メンバーのエールにファン「みんなの言葉が温かくて泣ける…」 (1/2ページ)

 28日に放送された「いただきハイジャンプ」(フジテレビ系)で、9月からアメリカへ留学する岡本圭人(25)が本音を告白。それを受け止め、送り出すメンバーの姿が感動を呼んだ。

 この日は21日の放送に引き続き、Hey!Say!JUMPの9人が1泊2日でキャンプを体験する様子が放送された。キャンプファイヤーで薮宏太(28)の「今日は最高だったね」と語りかけると、伊野尾慧(28)が「なかなか自分たちだけじゃできないからね」とこの場を設けてくれたスタッフに感謝を示した。

 続けて薮が「9人だけの番組はこの番組だけだもんね」と述べると、「うれしかったよね。この番組が始まるって聞いたとき」と有岡大貴(27)。高木雄也(28)が「『なんでも体張ります!』って言いながら、みんなブーブー言うんだよね(笑)」とグループの特性を指摘すると、現場は爆笑に包まれた。

 そんな高木が「俺、『この仕事でやっていこう』って思ったときから、仕事が楽しくなって。初めてやらせてもらえる仕事も出てきたから、大事にしていこうかなっていう。あとは後輩が出てきて、焦りもあるけどね」と本音をもらすと、その言葉にメンバーも「あるある」と同調。そこからトークは真面目な語り合いへ発展した。

 「自分たちが若いころに見てた先輩像に、自分がなれてるのかなってすごい考える。これだけやってても、まだまだだと思うことはたくさんあるよね」と薮。そして知念侑李(24)が「先輩は30歳手前くらいでMCをやったりしてたから」と付け加えた。そんななかで岡本が「留学の件でいろんな人に迷惑を掛けたと思うし、みんなをビックリさせたと思うけど…。(グループのことが)好きだからこそ『もっとHey!Say!JUMPの力になりたい』って今日あらためて思いました」と素直な心境を告白。この言葉を受け、中島裕翔(24)が「もしこれを成し遂げて帰ってきたら、『やべえな』って思ったの。一瞬。だからすごく楽しみなんだよね、逆に」と岡本にエール送ると、高木は「生半可な気持ちで行ったら、2年ってものすごい(大事な)時間だから。戻ってきたときに“どれだけ努力したか”が分かるからね」と喝を入れた。

関連ニュース