記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】TOKIO・松岡に共演迫った84歳・草笛光子の“ひと言” 

 女優の草笛光子(84)とTOKIOの松岡昌宏(41)が先日、舞台「新・6週間のダンスレッスン」の製作発表に登場した。

 「会見ではそういった言葉は出ませんでしたが、草笛の中では“引退舞台”という思いが強いようです」と舞台メディア関係者。実は、こんなことを聞いたのです、と打ち明ける。

 「松岡に出演を迫ったとき、『私の最後の舞台だから』と伝えたそうです。84歳ですがお若い。でも、足が弱っているそうで、テレビの収録現場ではマネジャーに寄り添い足を引きずって歩いています。それでも舞台に立つ女優の業はすさまじいですよね」

 いわば女優としての“終活”。今年になって日経新聞の「私の履歴書」で半生を振り返り、着こなしを紹介した本「草笛光子のクローゼット」(主婦と生活社)を出版するなど活動は活発で、「美しい老後を生き、それをきちんと示しているという感じ。84歳で舞台に立てるということが、草笛の恵まれた“女優環境”を物語っています」(前出・舞台メディア関係者)

関連ニュース