記事詳細

ジャニー喜多川社長、後継者にタッキー指名の波紋 マッチ、ヒガシら抜き去り… (1/2ページ)

 ジャニーズ事務所に激震が走るのか。30日発売の「週刊文春」が、ジャニー喜多川社長(86)がその後継者として、同事務所のタレント、滝沢秀明(36)を指名したと報じたのだ。これから何が起きていくのか。

 もともとジャニー社長から目をかけられていた滝沢は、近藤真彦(54)、東山紀之(51)、木村拓哉(45)とともに将来の幹部候補とみられていた。年齢的にいえば、近藤、東山、木村を超えて、一足飛びにトップになる形だ。

 長年ジャニーズ事務所をウオッチしてきた芸能評論家の肥留間正明氏は「この10年、後継者は東山とささやかれていた。それだけにハレーションもあるかもしれないが、あくまでも制作部門を滝沢が引き継ぐということ。タレントのマネジメントについてはジュリー景子副社長が担っていくという構図は変わらないだろう」と指摘する。

 ジャニーズの活動の根幹である舞台を担っていくのが滝沢で、バラエティーやドラマといった仕事についてはジュリー副社長が受け持つというすみ分けは変わらないというのだ。その上で、今後起きる事態についてこうみる。

 「もともとジャニー社長のタレント発掘の視点は独特だった。まずは運動神経がいいかどうか。ダンスが踊れなければならず、ルックスや歌はその次という考え方だった。だからこそ、ジャニーズは十人十色の個性をもったタレントの集まりだった。その考え方をどこまで引き継げるのだろうか」

関連ニュース