記事詳細

逮捕ならインパクト大! 麻薬取締部が本腰入れた「俳優X」 薬物疑惑いまだ消えず (1/2ページ)

 忘れた頃に世間に衝撃を与える著名人、芸能人の薬物による逮捕劇。その背景には、警視庁や厚生労働省の麻薬取締部による水面下での地道な捜査活動があるわけだが、ここに来て、ある人気俳優の動向が注目されているという。

 「Xは若い頃から大麻を礼賛する発言を口にしたり、奇行も話題になりました。実際に違法薬物の常習的な使用の疑いがあり、警視庁さんだけでなく、ウチも水面下でマークは続けていましたが本腰を入れているという格好です」

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)の現役の麻薬取締官は明かす。

 取締官の口から明かされたXは、俳優としてこれまで数多くの映画やドラマで活躍し、アーティストとしての顔も持つ実力派の人気男性タレントだ。華やかなキャリアの一方で、確かにそうした“疑惑”も取り沙汰されてきた。

 だが著名人、芸能人の薬物事犯の逮捕については、犯罪行為の取り締まりはもちろん、世間に対する啓蒙的な意味合いや犯罪抑止、いわゆる“一罰百戒”的な側面もあるとされている。

 全盛期に比べて露出が減っているXの存在が注目されているというのも今さらという感じだが、前出の取締官は語る。

関連ニュース