記事詳細

古川真奈美、ウェディング衣装に「リアルな年齢なのでテンションがあがりました」

 キックボクシングイベント「KNOCK OUT」のラウンドガールなどで活躍するグラビアアイドル、古川真奈美(31)がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で約2年ぶり5作目のブルーレイ&DVD「秘密のMANAモード」(ラインコミニュケーションズ)の発売イベントを行った。

 この日は、1メートル64、B88W59H88の“ファンタジー”のFカップボディーを「ひまわりをイメージした」という水着に包み披露。

 約2年ぶりの同作は伊豆で撮影され、弟のようにかわいがっていた近所の男の子に久々に再会するという内容。「今回はセクシーなウェディング衣装を着させてもらったんですけど、やはり私もリアルな年齢なので、お仕事でこういう格好をさせてもらいテンションがあがりました。この衣装を着たときは、結婚というイメージを抱きながら撮影に臨みました。自分の中でもお気に入りの衣装です」とアピール。

 ナイトプールでの撮影は初めてだったそうで、「このときの競泳水着は結構ギリギリな水着でした。ギリギリな水着を着て、平泳ぎを全力で泳いだので、すごくセクシーな雰囲気があると思います」とはにかんだ。

 久々のDVDリリースとなったが、「新鮮味があって、あらためてグラビアの仕事って楽しいなと感じました。次を出すかはまだ未定ですが、みなさんの声をたくさんいただければ、また出せるかもしれないので応援お願いします」とファンに呼びかけた。

 そんな古川も芸歴11年、気になる結婚について聞かれると、「周りからすごく言われるんですよ。実家に帰るとおばあちゃんとか母親に。でも自分自身が結婚願望がないもので、もう少しこの仕事をさせていただければ、今は全く考えていません。理想のタイプはグイグイと引っ張ってくれるような九州男児です」と明かした。(zakzak編集部)