記事詳細

関ジャニ∞大倉&丸山「すばるくん&横山くんにめっちゃムカついた」 同居時代の“あるある”トークとタイミングにファン歓喜 (1/2ページ)

 9月22日は関ジャニ∞を脱退した渋谷すばる(37)の誕生日。そんな日に放送された「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)で、関ジャニ∞・大倉忠義(33)と丸山隆平(34)が、渋谷との思い出を告白する場面が放送された。その姿にファンがネットでにぎわっている。

 この日の番組は、大記録や大事件とかぶったせいで、小さく扱われてしまった記事に光を当てる“スルーされたニュース”をオンエア。丸山と大倉はスポットライターとして登場した。

 フィギュアスケートの宇野昌磨(20)がぶっちぎりの首位で五輪衝撃デビューを飾った2018年2月10日、文化面で取り上げられていた“北欧女子オーサの日本体験”をフォーカスし、7年前から日本に移住し、15年に自ら持ち込みしてプロデビューにこぎつけ、代表作の売り上げは20万部という売れっ子漫画家・オーサ・イェークストロム(34)を2人が訪ねた。「キスとか何もしないままで告白したりされると、『はい!?』みたいになります。車を買う前に運転してみますよね?」といったスウェーデンと日本の文化の違いを語り合った2人は、彼女が住んでいるシェアハウスへと向かった。

 会社員から役者まで、見知らぬ男女7人が共同生活を送り、たまに集まってパーティーをするというオーサ。大倉は「常に人がいるってストレスにならないですか?」「恋は生まれたりしないんですか?」と引き気味ながらも興味津々。恋人と住んでいるという女優・チカさん(30)には、「えっ、どうしてんですか色々と…恋人同士で、だって…」と尋ねる始末だった。

 大倉がそんな態度をとるには理由があり、「俺らグループで共同生活したときめっちゃ仲悪くなったやん」。過去の苦い経験を語りだし、丸山も「あったなぁ。変な癖とかもだんだんムカついてくんねんな…」と乗っかった。大倉が「そうそうそう。納豆を片付けへんかったりしてさぁ…くっせぇつって」と思い出トークを紹介すると、スタッフが「ちなみにそれは誰?」と確認。大倉は「それはもうすばるくん…」と答え、7月15日からのライブツアー初日を持ってグループを脱退し、年内でジャニーズ事務所からも退所する渋谷の名前を挙げた。

 さらに大倉は「(テレビ)ゲームしてても、横山くんが入ってきて『それおもろいん?』って…(丸山と)2人でやってるときな。『おもろいよ』って言っても『おもろいん?』ってずっと言ってきて。もぉええって…!」と年頃男子の共同生活にありがちな若き日の横山裕(37)へのストレスをぶちまけた。丸山も「(横山の悪い癖が)始まった!ってな、何となくこっち(2人で)で目が合うねん(笑)」と、当時の状況を2人で再現してみせた。

関連ニュース