記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】ベテランママのお話で丸く収まる座談会 角を立てない人間関係の大切さ (1/2ページ)

 「平成の大横綱」貴乃花親方が角界を去ることになりました。若貴ブームで空前の相撲人気時代を築いた功労者でさえ去っていく相撲界。人間関係の深い闇を感じさせる一大事でした。

 しかし、一時代を築き、あれだけの大輪の花が咲き誇った花田ファミリー。母親・憲子さんの不義から始まった花田一家の崩壊、兄弟の確執、そしてこたびの貴乃花親方の角界離脱と、咲き誇った花は散ってしまいました。相撲界も八百長、薬物、野球賭博、暴力事件などなど、スキャンダルまみれ。土俵のように丸く収まらないのが現状です。

 なぜ相撲界の人間関係はいちいち角が立ってしまい、丸く収まらないのでしょうか…。あっ、答えが分かりました。理事長が“八角”だからでしょう…お粗末。

 スナックでの人間関係も円滑に行きたいものです。10月に入り、一般社団法人全日本スナック連盟の活動も活発さを増してきました。

 先日行われた理事会では、今後の展開やイベント企画会議、「スナック玉ちゃん」赤坂店、北新地店、錦糸町店に次ぐ現在進行中の新店舗の状況報告などなど、大の大人が10人以上集まって今後の連盟の運営を徹底的に会議しました。この理事会では角界の理事会のような角は立たず、円滑に進行しました。

 新企画の中にあったのがホームページのリニューアルです。ただ情報を載せるだけではこれまでと変わりがないので、新たな企画をページ上で展開していこうということになり、スナックのママさんたちと私の対談を載せていくことになりました。

関連ニュース