記事詳細

松本潤と穴子の出会いを嵐メンバーが演出! ファン「まさかラブストーリーになるとは(笑)」 (1/2ページ)

 1日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系)で、嵐が寿司トークを展開。松本潤(35)が大好物だという穴子との出会いを語った。

 この日は、放送日の11月1日の「すしの日」にちなんで、オープニングから寿司でメンバーが盛り上がった。

 まず相葉雅紀(35)が回転寿司の進化について切り出し、「ビックリした!カキフライの軍艦巻きだとか、ラーメンとか(があって)」と説明。これは自身の主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)の番宣で出演した「帰れマンデー見っけ隊!!3時間スペシャル」内の「帰れま10」でのことと思われるが、「(いろいろと食べられて)楽しめる!」と、回転寿司の現状について感想を述べた。

 櫻井翔(36)から「寿司好きだよね」と振られた松本は、なぜか「スシスキ!」と片言の日本語で回答。そして「(子供の頃から)墓参りに行くと、家族みんなで寿司食いに行ってたんですよ。そういうときにしか食べれないものっていう思い出が強くて、ご馳走の1つだね!」と、寿司にまつわる思い出を語った。

 さらに二宮和也(35)が「穴子が好きじゃん。穴子とMJ(松本)の出会いってどこになるの?」と質問をぶつけると、「穴子はね、昔そんな好きじゃなくて…」と松本。「いいよ!恋愛ドラマみたいで!」(二宮)とちゃちゃを入れられつつ、「回転寿司にあるものを食べたりとかする頃は好きじゃなかったの。カウンターの付け台の上に置かれて食べる穴子に出会ったのは19くらい。そこで食べた穴子がうまくて。穴子だけで6貫食ったのかな」と“ファーストコンタクト”について話した。

 このエピソードを聞いている間も「(穴子と19歳で)再会したのね!」「(6貫も食べたと聞き)再会して盛りあがっちゃったんだ(笑)」と、恋愛ドラマ風の流れを作り、笑いを誘う二宮。そこに便乗するように櫻井も「19の再会ぐらいから『Love so sweet』かけといて!」と、嵐の楽曲のなかでも「恋愛ドラマと言えば」という定番曲をBGMにリクエスト。番組スタッフもこのリクエストに応える演出でオープニングトークを盛り上げた。

関連ニュース