記事詳細

ショーンK、騒動後初の「公式の場」で謝罪なし… 報道陣からは疑問の声も

 経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上(50、本名・川上伸一郎)が16日、「アートオリンピア2019」の開催発表会見に司会者として出席した。

 「グレーのスーツに黒ぶち眼鏡をかけて登場したショーンK氏は、相変わらずのイケメンぶりで低音ボイスも素敵でした。ただ、16年3月に学歴や経歴詐称が発覚。4月からメインMCを務める予定だった「ユアタイム」(フジテレビ系)をはじめ6番組すべてを降板して以来、初めての公式の場にもかかわらず、謝罪などが一切なかったことについて、集まった報道陣からは「反省なしか」という声も出ていました。

 「ショーンKと申します」と自身で挨拶していましたが、「所属事務所は「ショーンK」は「ビジネスネームですので、これからも使っていきます」とコメント。厚顔無恥としか…」(ワイドショー関係者)

 せめて本名の川上に戻して再出発するか、顔は出さず声だけの仕事に専念したほうが…。(zakzak編集部)

関連ニュース