記事詳細

関ジャニ“横山メモ”に知られざる村上の一面が… その内容にファン大騒ぎ!?「めちゃくちゃヒナのこと好きじゃんか」 (1/2ページ)

 24日に放送された「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)で、関ジャニ∞・横山裕(37)が日常で起きた面白いことを書きとめているという携帯電話のメモを披露。そこに納められた村上信五(36)とのプライベートエピソードに爆笑が起こった。

 この日の放送では、キャスターで女優の八木亜希子(53)をゲストに迎え、自分のクセやエピソードを披露し、自分以外のもう1人だけに共感されることを狙う人気企画「もひとりおるおる」が行われた。この中で「変わった苗字の人に遭遇すると聞き返さずにはいられない」というキャスター的なテーマから、「桜を見ると切なくなる」という女性的なテーマまで幅広いトークが展開された。

 「いい言葉を聞いたら書き留める」というテーマでは、横山だけが八木に共感。メンバーにとっても意外だった様子で、大倉忠義(33)が「らしくない!」と言えば、村上も「お前、ウソはあかんぞ!」などと追随。横山が「いい言葉じゃないねんけど、面白いできごとがあったら携帯に入れてしまうクセが…」と説明すると、同番組では人一倍ルールに厳しい錦戸亮(34)が「じゃあ、違くないですか?」と冷静にツッコんだ。それでも横山は「俺にとってはいいことやもん!」と必死の反論で、なんとか“もひとりおるおる”達成と認められ、ごほうび料理を獲得した。

 もともと「(面白いことはメモするように笑福亭)鶴瓶さんに言われたの。やっとったほうがええぞって」と横山。そこからエピソードを忘れないようにメモするようになったという。そんな横山のメモが入った携帯が手元に届く前に、大倉が「村上くんの飛行機での出来事とか書き留めたことある!」と突然参戦し、「電子辞書を見てて。飛行機って暗くなったときに『読書灯をおつけください』って(言われる)。 (電子辞書だから読書灯は)いらないじゃないですか。でも、読書灯をつけたんですよ。その反射で『うわ、まぶしい!』って(やってた)」というエピソードを暴露した。思わぬ天然ぶりに、村上本人も「アホやな(笑)」と爆笑した。

 肝心の横山メモは、「1円(作るの)に2円かかる」という雑学から始まり、興味深いこぼれ話などが混在。「トイザラスの“R”が逆の理由」という項目ではメンバーも「なんで!?」「それ知りたい!」と前のめりにになった。しかし、その理由はメモしていなかったようで、「もう忘れてるわ(笑)」と開き直ると、メンバーは立ち上がって「理由書いて!!」と総ツッコみ。さらに「なんか知らんけど、『ウソは絶対にやめましょう』って書いてある(笑)」と謎のメッセージを披露し、笑いを誘った。

関連ニュース