記事詳細

【中本裕己 エンタなう】“シングルマザー”有村架純の凜々しい運転士姿 映画「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」

 予定調和は、ふつう悪い意味で使われるが「男はつらいよ」や「釣りバカ日誌」、そして本作のような良質の人情劇に通底する“心地良い予定調和”もある。「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」(公開中)は、ローカル鉄道に人生を投影した映画シリーズの第3弾。

 夫を突然亡くした若妻の奥薗晶(有村架純)は夫の連れ子・駿也(歸山竜成)とともに東京を離れ、疎遠だった夫の故郷である鹿児島県に義父(國村隼)を訪ねる。熊本・八代と鹿児島・川内を結ぶ肥薩おれんじ鉄道で運転士を務める義父は妻に先立たれ独り暮らし。血のつながらない3人がぎくしゃくしながら共同生活を始める。

 実母の顔を知らない10歳の駿也は、25歳の“母”に「晶ちゃん」と友達感覚で接する。有村のミニスカやミニのスーツ姿がまぶしい。晶は生活のため、子育てのため、しだいに地に足の付いた生き方に目覚めて運転士を目指す。顔つきもキリリと締まってゆく。

 人の命を預かる仕事は生半可な気持ちでできない、と心得を諭す義父は、挫折しそうになる晶を静かに見守る。職人気質の中に人間味がのぞく國村は相変わらず見事。脇の桜庭ななみ、青木崇高、音楽の富貴晴美ら「西郷どん」色が添えられているのが面白い。

 1両編成のワンマン気動車が大きなカーブを曲がり、トンネルを抜けるとパッと青い海が広がる。鉄道ファンならずとも、人生の歩みをレールに重ねたくなる。(中本裕己)

関連ニュース