記事詳細

“Fカップ”大原優乃、仰天撮影エピソード 冷たそ~な白い雪が実は…

 魅惑のFカップボディーで多くの雑誌の表紙を飾っているグラドル、大原優乃(19)。ツイッターでまさかのグラビア撮影裏話を披露して、ファンを驚かせている。

 大原といえば、「ようかい体操第一」の大ヒットで知られるDream5で活躍しグループの活動終了後はソロに転向。丸顔童顔に身長154センチでFカップという最強のボディーでグラビア界を席巻し、あっという間にトップグラドルに駆け上がった。

 そんな大原がインスタグラムに投稿したのが、19日発売の『月刊ヤングマガジンNo.2』(講談社)の撮影時のオフショット。

 そこには、真っ白な雪の上にビキニ姿で寝そべる大原の姿。さらに頭上からもさらさらと雪が降っており、何とも寒そうだが…。

 と思いきや、「これ実は……雪じゃなくて……塩です」とまさかのコメントが。そして「スケジュールが合わず」「急遽都内のスタジオにて」とのハッシュタグ(検索目印)で状況説明も。

 驚きの舞台裏に、ネット上でも「寒い思いをしてなくてなにより…」といった声も。売れっ子グラドルゆえの衝撃エピソードだ。

関連ニュース