記事詳細

中居正広、2番組終了も「独立の意思なし」との証言 (1/2ページ)

 「視聴率は決して悪くないのに、人気タレントの冠番組が2つ同時に終わるのは異例です。しかも、年明け早々のこのタイミングで報じられただけに、“いよいよ、地慣らしを始めたのか”という声が漏れ聞こえ始めました」(テレビ局関係者)

 業界関係者が一様に驚きの声を上げたのが、『デイリー新潮』(1月16日)による中居正広(46才)の“番組打ち切り報道”だった。

 現在、中居が抱える5本のレギュラー番組のうち、『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)と『ナカイの窓』(日本テレビ系)が“打ち切り”になるという内容だ。根強く囁かれるのは、「独立」に向けた動きである。芸能関係者は語る。

 「特に『ナカイの窓』に関しては打ち切りになるほど視聴率は悪くなく、人気があって評価も高いので“なぜ?”との声が多い。ただ、中居さんのジャニーズ事務所との契約更新の交渉は6月に予定されており、契約が切れる9月に独立するならその時期までに“身辺整理”が必要です。残りの3番組も今後、終了時期を検討するのではないかとの噂が出ています」

 2016年のSMAP解散騒動の際は、稲垣吾郎(45才)、草なぎ剛(44才)、香取慎吾(41才)が結果的に中居と袂を分かち、「新しい地図」としての活動をスタートさせた。

NEWSポストセブン

関連ニュース