記事詳細

ベッキー結婚で始まる“キャラ変” 次に進むは“アスリート妻”か“ママタレ”か (1/2ページ)

 かねて交際していたプロ野球巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ(35)と結婚したタレント、ベッキー(34)。あの騒動以来“優等生キャラ”は激変し、“黒ベッキー”も顔を出していたが、これからはどんなキャラでいくのだろう。

 共通の知人を通じて出会ったという2人。片岡コーチが10年来のファンだったことから意気投合し、昨年5月から交際を始めたというから、約8カ月の交際でゴールインということになる。

 ベッキーというと、どうしても記憶によみがえるのが、2016年のあの“ゲス不倫”騒動。そこから、一時休業することになる。

 「謝罪会見の後、2人が交わしていたLINEのやりとりが流出したことで、それまでベッキーの代名詞でもあった“優等生キャラ”が崩壊しました。10社あったCMもすべて失うなど芸能活動の危機でした」と週刊誌記者。

 約半年後には復帰するも、なかなか地上波への出演はかなわないという状況が続くことに。そういう中で生まれてきたのが“黒ベッキー”キャラだった。

 「“黒い衣装は着ない”など自身で決めていた“ベッキールール”を自ら破り始めたのです。いわゆる“優等生キャラ”を捨てて、自由奔放な姿を見せるようになった。これまで求められていた姿とは正反対でしたが、苦肉の策とはいえ、いじられキャラという新しいスタンスを手に入れたのです」と制作会社関係者。

関連ニュース