記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】「日向坂46」サプライズ改名 2軍扱いから日当たり良好へ

 「発表の瞬間、その場にいたメンバーは飛び上がったり抱き合ったり本当に喜んでいました。それだけ、念願だったんでしょうね」

 ウェブサイト記者が目撃したのは「けやき坂46」(ひらがなけやき)の改名の瞬間だ。

 「取材呼び込みのリリースには『重大発表』『歴史の証人』と大げさな言葉が並んでいたのですが…」と先のウェブサイト記者。当初、明らかになったのは単独シングルデビュー、そして単独オフィシャルサイトオープンといった、ありきたりのものだったという。

 「終了間際に明らかにされたのが『日向坂(ひなたざか)46』に改名するというサプライズ。これまで漢字欅の2軍扱いでしたが、そこから1軍に上がるのではなく、一気に独立するというグループ設立ですから新しい方法です」

 坂道シリーズ4組目のグループの誕生。関係者によればAKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏の狙いは「東京で実存する坂道からネーミングすること」。読みは「ひゅうがざか」だが、同じ名の坂は港区三田にある。聖地誕生だ。

関連ニュース