記事詳細

石橋貴明と伊集院光がANN話で大盛り上がり! 「1軍のスターは2軍のグラウンド見ねえから!」

 タレントの伊集院光(51)が18日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)にゲスト出演。とんねるず・石橋貴明(57)との最初の出会いについて、ラジオ番組「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)時代の思い出を絡めながらトークする場面があった。

 テレビで2人がガッツリ共演するのはこの日の番組が初めて。伊集院は冒頭から興奮気味で、オールナイトニッポン時代の石橋との思い出を語り始めた。

 1980年代、オールナイトニッポンの全盛期にパーソナリティーを務めた2人。伊集院が「全盛期で(とんねるずは)1部、(自分は)2部にやっと入ってきたころ…」と切り出すと、「2部やってたんだっけ?」と石橋。この返しに伊集院は「ほら!それぐらいの扱いでしょ!?」と悔しがり、「1軍のスターは2軍のグラウンド見ねえから!」と訴えた。

 ちなみに伊集院は水曜2部(深夜3時から)担当で、石橋は火曜1部(午前1時から)。伊集院は当時について「僕は水曜なんですけど、毎日(スタジオに)来て1部をずっと見てた。入りたくて」と回顧。そのうえで「1部、とんねるずが終わると、石橋さんが必ず『寝ろっ!』って言うんです」と振り返った。

 そのころ、日本の芸能界はいわゆる「バンドブーム」で、火曜2部のパーソナリティーを「GO-BANG’S」の森若香織(55)が務めていた。伊集院は「森若香織ちゃんが毎日心を痛めて。『石橋さんが寝ろって言った!』って」と発言。石橋は大爆笑し、スタジオも大盛り上がりとなった。(zakzak編集部)

関連ニュース