記事詳細

大河ドラマにアナ雪2、CMも多数…ピエール瀧容疑者、損害賠償「100億円規模」か

 麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者(51)は、テクノバンド「電気グルーヴ」の活動に加え、俳優として数々の映画やドラマに出演、CMにも登場していた。今後公開を控える作品も多く、半端ない損害賠償が発生することは間違いない。

 放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」で足袋職人を演じる瀧容疑者。出演場面の編集や撮り直しなどの対応が予想される。映画では4月5日公開の「麻雀放浪記2020」を皮切りに、5月17日に「居眠り磐音(いわね)」、秋には「ロマンスドール」の公開を控えている。ディズニーの大ヒットアニメ映画「アナと雪の女王」では雪だるまのオラフの吹き替えを担当。同作は11月に続編が公開予定だ。

 LIXIL(リクシル)やサントリーなどのCMにも登場し、お茶の間の人気者だった。

 電気グルーヴも結成30周年ツアーの真っ最中。今月15、16日には「Zepp Tokyo」の公演を控え、7月の「フジロックフェスティバル」にも出演予定だった。

 今回の逮捕で名声に傷がつくのはもちろんだが、過去の出演作を含むドラマや映画、そしてCMに影響が出るのは確実で、「100億円規模の損害になってもおかしくない」(映画関係者)との声も聞かれる。

関連ニュース