記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】ピエール瀧容疑者の“キレキレ演技”はクスリの効果!? 体内に入れると強烈にテンションUP、30~40分「全能感」続く (1/2ページ)

 「20代のころからコカインや大麻を使っていました」

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)はこう供述している。

 通称マトリ、関東信越厚生局麻薬取締部が今回の逮捕で動いたが、「つい出来心、遊び半分で麻薬に手を染めたというレベルでは、われわれといえども、すぐに検挙までしないのが現状。今回は自宅にガサ入れしているというのが重要で、瀧容疑者が間違いなくコカインをやっているという確実な情報があってのこと。つまり瀧容疑者は“常習者”だからマークされた。プライバシーにうるさい昨今、家宅捜索するにも裁判所に容疑者が薬物を常用しているという証拠を見せないかぎり令状はもらえません」(捜査関係者)。

 しかも相手は有名人、もし空振りすれば人権侵害を問われる大失態だ。瀧容疑者の自宅からは薬物は見つからなかったが、コカインのスニッフィング(鼻から吸引)用と思われる筒状に丸めた韓国紙幣が押収された。尿検査でコカイン陽性反応も出て、本人も使用を認めている。

 マトリは昨年秋から瀧容疑者の内偵を進めていたといい、「ある売人ルートの周辺から複数の薬物使用者の名前が浮上し、そのなかに瀧容疑者の名前があった。コカインはアッパードラッグの代表格で、体内に入れるとすさまじくテンションが上がり、なんでもできるような全能感が得られ、30~40分薬効が続く。ただ切れたらテンションは急降下するので、その効果を得るため、またやるの繰り返し。中毒性がきわめて高いのが特徴」(前出・捜査関係者)

関連ニュース