記事詳細

好きな朝ドラヒロインランキング 1位は波瑠、2位はのん (2/3ページ)

 ■第1位『あさが来た』 あさ

 好きな朝ドラヒロイン1位となったのは、波瑠(27才)が演じた、第93作『あさが来た』(2015年)の「あさ」だ。

 物語の主人公・あさは、江戸末期から明治、大正の激動の時代を生き抜いた実業家の広岡浅子(1849~1919年)がモデル。銀行や生命保険会社、女子大学などの設立に骨を折った立志伝中の人物で、何度転んでもへこたれないあさの生き様は、ひと言で言えば、痛快。

 「波瑠さんじゃなく他の女優さんが演じていたら嫌みだったと思うんです。キレイなのにからっとして、大きな目をくるくるさせてドラマの中で時代を走り抜いた彼女に感銘を受けました。主人公の名前が“あさ”っていうのもよかったかも。どんなに暗い夜が来ても、必ず日は昇り朝が来る、そんな名前ですもんね。ドラマが終わった後はしばらくロスで寂しかったです」(東京都・38才・会社員)

 2000年以降の35作品中で、『あさが来た』は最終回の視聴率が27%、平均では23.5%と、最高の数字を叩き出している。『なつぞら』のノベライズ本を手がけ、『みんなの朝ドラ』(講談社現代新書)の著者でもある木俣冬さんが話す。

 「男尊女卑の意識が強い時代を舞台にしたことによって、女性の生き方を考えさせてくれるヒロインになっていました。男性の生き方に左右されない主人公に共感した女性が多くいたのでしょう」

 芸事が好きで、仕事もせずにふらふらする夫・新次郎(玉木宏・39才)も見事な存在感を示し、ヒロイン人気を後押しした。

 「仕事に邁進するあさをとにかく泳がせ、精神的に支え、さらに見目麗しい存在だった新次郎は、現代の女性たちにとって、理想的な男性だったのかも」(木俣さん)

NEWSポストセブン