記事詳細

ピエール瀧容疑者出演「麻雀放浪記」 予定通り公開へ

 出演していたミュージシャン、ピエール瀧容疑者(51)の逮捕を受けて、4月5日の公開に向けて協議が続いていた映画「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)について、配給元の東映は20日、東京都内で会見し、予定通りノーカットで公開すると発表した。

 作品のポスターと上映前の字幕で瀧容疑者が出演していることを明示する。瀧容疑者の逮捕以降、中止や延期、再編集という形で公開するかなどの協議を重ねた結果、東映の判断でノーカットでの公開となった。

 瀧容疑者をめぐっては出演番組の放送やCDの出荷を自粛する動きが広がっているが、多田憲之社長は「罪を犯した1人のために、作品を待ちわびているお客さまに、すでに完成した作品を公開しないという選択肢は取らないという結論に至った」と説明。

 賛否両論があるとした上で「劇場上映は有料であり、観賞の意思を持つお客さまが来場するクローズドなメディアなのでテレビ放映やCMとは性質が異なる」とも。

 販売済みの前売り券などのチケットは、要望があれば払い戻しに応じるとしている。

関連ニュース