記事詳細

電気グルーヴ・石野卓球に「説明責任果たすべき」の声 ネット上の批判に「アホか!」と猛烈反論も (1/2ページ)

 コカインを摂取したとして「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧容疑者(51)が逮捕されたことを受けて、メンバーの石野卓球(51)の言動が注目されている。瀧容疑者の逮捕後、石野はSNSでしか発言しておらず、説明責任を果たすべきではとの声も上がっている。

 瀧容疑者の逮捕後、石野はツイッターでの発言を抑えていたが、24日に本格的に再開。

 ユニットのロゴをかたどった、人生初のタトゥーを入れたことを投稿したかと思えば、「容疑者部分をカットして撮り直し」とつづり、かつて瀧容疑者とツーショット写真を撮ったのと同じ場所で同じ構図で1人で撮影した写真を公開した。

 ドイツに滞在しているとみられるが、そうしたことをネット上で批判されると、「アホか! しばらく仕事キャンセルになってんのに日本にいる必要ある? 容疑者の相方は自宅でじっとしてろってか?」などと猛烈な反論も。

 石野は、SNSで瀧容疑者のことを再三「容疑者」と表現しているが、「ファンの間では、マスコミの報道に対する石野らしいメッセージだと受け止められている。しかし、それを知らない人から見ると、無責任な発言に終始しているように捉えられかねない」と音楽関係者は危惧する。

関連ニュース