記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】ピエール瀧よ、何やってるんだ! 30年来の友の「一報」に涙止まらず… (2/2ページ)

 (1)緊張からかくのは「滝のような汗」。薬物乱用でかく汗は「瀧のような汗」と三省堂国語辞典が第8刷りから採用!

 (2)30年使用していたら仕事もシラフでやっているわけではなかった。彼が吹き替えをした「アナ雪」の役はシラフでなくオラフだった。

 (3)マトリに捕まって天文学的な賠償金を請求されるであろう瀧。思わず「お値段以上~、マトリ」と歌った。

 (4)この騒動で視聴率苦戦している大河ドラマの「いだてん」。テコ入れのためピエール瀧とマトリの追いかけっこを題材にしたドラマ「だまてん」の放送を検討中!

 (5)自宅とは別に借りていたマンションでコカインを使用していた瀧。「本社の物件とは関係ありません」とレオパレス社長が異例の会見。

 なぜ30年来の友をおかずに、くだらないフレーズを考えなければいけないのか本当に悲しいです。

 事件前に彼と最後に会ったのは金沢駅の待合室でした。本当に偶然の出会いに驚きました。私は、スナックのママと2人きり、向こうは家族3人でした。その場で別れたのですが、瀧から私にLINEが入りました。

 「玉ちゃん、さっき会った話をラジオでしたらまずいよね?」

 そうです。瀧は私がママと2人で不倫旅行をしていたと勘違いしたのです。「違うって!」と私は自信を持って否定しました。

 今回の騒動で瀧の口から「違うって!」と自信を持って否定してもらいたい気分の私なのです…。

 ■玉袋筋太郎(たまぶくろ・すじたろう) お笑い芸人。1967年6月22日生まれ。東京都新宿区出身。86年にビートたけしに弟子入り。TBSラジオ「たまむすび」(金曜)、TOKYO MX「バラいろダンディ」(火曜)にレギュラー出演中。2013年から一般社団法人全日本スナック連盟会長。著書に「スナックあるある この素晴らしき魑魅魍魎の世界」(講談社)、「スナックの歩き方」(イースト新書)など。

関連ニュース